クラウドもOSSへ

クラウドコンピューティングへの流れは、ほとんど必然である。クラウドにより、システムの機能は物理的バックグラウンドから解き放たれ、システム担当者には少しだけ眠れる夜が戻ってくる。

そんなクラウドコンピューティングにも、やっと方向性がでてきた。

この記事によれば、Amazon Web Services (AWS)が、IaaS(クラウドのうち最もハードに近いサービス形態)の実質的な標準仕様になったことにより、各クラウド事業者がAWSとの互換性を競うようになったとのことである。だからと言って、これはAmazonの一人勝ちを意味しない。他社にとっても開発目標を定めることが出来るので損にはならない。

一番ありがたいのは、やはりユーザ企業であろう。「クラウド事業者によるロックイン(囲い込み)を避けられるからだ」(記事)。クラウドの一番の問題は、基幹あるいはそれに近いシステムの命運を、サービス提供者に握られてしまうところにある。価格支配はもとより、企業破綻などでサービスの継続ができなくなる危険もある。サービス仕様が標準化されると、ユーザが事業者を乗り換えるための障壁が低くなるので、これによる利益はたいへん大きい。

この記事に登場するもうひとつの重要な単語は、「OpenStack」と「CloudStack」だ(クラウド基盤に関するOSS)。新しい技術やサービスはOSS(オープンソースソフトウェア)化することにより、標準化される。技術を公開する側の企業も、優秀な外部の協力者の叡智を結集できるので、実はOSS化で大きな利益を得る。

OSS化を最もうまく利用して成長したのが、Googleである。