Dropbox & ownCloud

例のウイルスが置かれていたサイトはDropboxである。Dropboxは、ネットワーク越しのデータ保存庫である。PC以外にスマートフォンなど別の端末で作業する機会が増えてきた昨今では、必要性が高まっている。Webdavなど他のシステムに比べての優位点は、端末上のファイルが自動的に保存庫と同期されるところにある。さらにロールバック機能もある。グループで特定のファイルを共有することもでき、変更が即時にグループ内全員に行き渡るので、git的使い方もできるようだ。 料金は2Gまで無料。100Gで月10ドルである。無料で2Gもあるから、USBメモリを持ち歩くより簡便かもしれない。逆にネットワーク越しに100Gも使うかどうか疑問も残る。それでも、サービスとしては順調のようだ。 ところで、システム関係者ならDropboxを自前でやりたいと思う人もいるだろう。そんな向きに最適なのがownCloudである。 ownCloudはオープンソースのファイル共有サーバーアプリケーションである。有償版もあるが無償版でもほぼ全機能を利用できる。2012年10月11日に最新バージョン4.5.0がリリースされた。

「Dropbox & ownCloud」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。